オジロワシ・オオワシ情報

オオワシ・オジロワシ

厚岸湖の氷具合 これは平成16年2月13日、一番ワシたちが集まっている時期の厚岸湖の様子です。
 白いところが氷が張るところです。年によって、また厳冬期でも雪の量などでこの白い部分は大きく変化します。

 オジロワシは厚岸湖周辺では年中見られ、オオワシは10月後半より見られるようになりますが、本格的に見られるようになるのは氷が張ってからです。

 なぜ氷が張るとワシ類が多くなるのでしょうか?
 厚岸湖に氷が張るようになると氷下待網漁という漁が始まるのですが、その漁のおこぼれをもらうためにやってくるのです。そのため、漁師さんたちの周りにはワシ類がいっぱいやってきています。

 毎年これら海ワシ類は非常に多く数えられ、平成15年3月には過去最高354羽が確認されました。

いつ頃からか、氷下待ち網漁の雑魚をその場に放置せず、魚肥などの原料として売るようになったため、海ワシの餌は減ってきているのです。
以前は300羽越えの日が当たり前のようにありましたが、ここ数年そういう状態にはならず、多くてもシーズン最大150羽程度の年が続いています。
ただ、これが決して良いか悪いかというと非常に難しい問題になります。そもそもオオワシ・オジロワシの餌を漁業系廃棄物に頼らせて良いのか?それともそれは仕方が無いのか?
また、エゾシカのハンティングについて、北海道では現在鉛弾の使用も所持も禁止されていますが、現在も使用している人がいまして、鉛の破片を体内に残したまま放置されるエゾシカ死体があるのです。その死体を食べることによる鉛中毒が後を絶ちません。
このようなハンターがいる限り、エゾシカ残滓にワシが集まるといった状況を作ることは好ましくなく、前記した漁業系廃棄物を食べている方がマシかとも思ってしまいます。
しかしこの双方とも根本的な解決ではなく、彼らが自力で本来の餌を食べることを考えた場合に、北海道にやってくる海ワシたちの天然の餌資源が残っているかと考えると、これまた非常に悩ましくなってきます。
かといって、人為的に餌付けを行うと馴化してしまい、人との距離が縮まることによる余計な事故を発生させる原因ともなっています。
北海道における海ワシの置かれている状況は常に綱渡りなのです。


最近の情報(2018年1月17日)

<1月17日>湖に氷がなかなか張りません。数日の寒波で表面的に凍るものの、暖気や低気圧ですぐリセット。その繰り返しです。
氷下待ち網漁も出来ず、ワシも非常に少ないです。長期的な寒波がやってこない限り、この状況は打開できないと思われます。

<12月14日>なかなかオオワシの姿が見られませんでしたが、12月に入ってようやく普通に市街地周辺でも見られるようになってきました。まだ数は少ないですが、1月に向けて徐々に増えていきます。

<10月11日>水鳥観察館が出来る前からカメラ前で営巣していたオジロワシのつがいも既に3世代目。
ここ3年間卵すら産んでいませんでしたが、今年からようやく繁殖を始め、無事2羽の幼鳥が巣立っています。

前季のオオワシ・オジロワシの飛来状況


水鳥観察館ニュースへ戻る

観察館ホームへ戻る

厚岸水鳥観察館 E-mail: