オオハクチョウ

オオハクチョウ

最近の情報(2018年1月17日)

<1月17日>1,066羽。120羽は隣町に行ったか?

<1月6日>1,188羽。また暖気で氷が消滅。しかし数はほぼ横ばい? 越冬数になるか?

<12月29日>1,192羽に再び増加。一度寒気が緩み、厚岸湖の氷もほとんど無くなったが、少々強めの寒波のせいで、表面上はかなり凍っている。

<12月20日>954羽に増加。少々強めの寒波のせいで、お隣浜中町の火散布、藻散布沼が凍ったのか?

<12月10日>658羽に減少。満潮時には9割以上が別寒辺牛川河口に集まり、干潮時に、餌のアマモを食べに厚岸湖に広がっています。

<11月19日>2,381羽確認。

<11月10日>1,736羽確認。

<10月11日>66羽(うち幼鳥2羽)確認。

<10月10日>41羽(うち幼鳥1羽)確認。

<10月9日>昼過ぎまで濃霧で湿原は見えなかったのですが、午後3時過ぎに別寒辺牛川河口左岸にて1羽のオオハクチョウを確認。

前季のオオハクチョウの飛来状況

コチラもぜひお読みください


水鳥観察館ニュースへ戻る

観察館ホームへ戻る

厚岸水鳥観察館 E-mail: